岩手県盛岡市の大浦内科・歯科クリニックです。

内科 019-639-3315 歯科 019-639-3317
大浦内科・歯科クリニック
Contents 医院案内 内科診療科目 内科 禁煙外来 小児科 予防接種 各種検査案内 メタボリック症候群対策 歯科診療科目 一般歯科 矯正歯科 小児歯科 予防歯科 スポーツ用マウスガード インプラント ホワイトニング 院内紹介 スタッフ紹介 アクセス お問い合わせ

小児歯科

メタボリック症候群予防について

メタボリック症候群対策のためにはメタボリック症候群を予防するための目安を知っておくことが大変重要となります。「適正体重」「運動習慣の基準」「食生活の基準」など、さまざまな指標を覚えておく必要があります。メタボリック症候群対策のためには全ての数値を理解しておくことが大切です。どのくらいの運動をしたらよいかなどの「運動」や「食生活」の目安となる数値などが公開されているので、以下に紹介します。

小児歯科

メタボリック症候群予防の目安

適正体重とBMI

メタボリック症候群対策のためには適正体重を知っておくことも大切です。適正体重とBMIの計算方法をおぼえておきましょう。

→BMI<18.5…やせ
→BMI>25…肥満

・適正体重の計算方法
適正体重(kg)=身長×身長(m)×22
例)身長165cmの場合、適正体重は1.65×1.65×22=59.9kg

・BMIの計算方法
BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
例)身長1m65cm(1.65m)で体重が65kgの場合、
65÷1.65÷1.65=23.9

運動習慣の基準

メタボリック症候群対策のためには運動習慣の徹底は不可欠です。次は運動習慣の基準をご紹介しておきます。

・日常生活における歩数(1日当たり)
男性9200歩以上
女性8300歩以上

・運動の習慣化 
1回30分以上の運動を週2回

食生活の基準

メタボリック症候群対策のためには食生活の改善は不可欠です。次は食生活の基準をご紹介します。

・脂肪によるエネルギー摂取は25%以下に(20~40歳代)
・食塩摂取の減量を。目標は、1日10g未満
・野菜の摂取量の増加を。目標は、1日350g以上

 
このページの上部へ