岩手県盛岡市の大浦内科・歯科クリニックです。

内科 019-639-3315 歯科 019-639-3317
大浦内科・歯科クリニック
Contents 医院案内 内科診療科目 内科 禁煙外来 小児科 予防接種 各種検査案内 メタボリック症候群対策 歯科診療科目 一般歯科 矯正歯科 小児歯科 予防歯科 スポーツ用マウスガード インプラント ホワイトニング 院内紹介 スタッフ紹介 アクセス お問い合わせ

一般歯科

診療案内

高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病をはじめ、内科全般にわたる疾患治療をおこなっています。
特に、呼吸器・アレルギー疾患を専門としており、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺がんなどの呼吸器疾患を数多く診療しております。長引く咳・痰、息切れにお悩みの方は是非ご相談ください。
また、呼吸不全がある方への在宅酸素療法や睡眠時無呼吸症候群に対するCPAP療法などの在宅療法もおこなっています。
呼吸器アレルギーだけでなく花粉症などのアレルギー疾患全般まで診療いたします。
健康診断や健康増進活動もおこなっております。健康管理を心がけておられる方や、健康に不安をお持ちの方も気軽にご相談ください。

一般歯科

矯正歯科

喫煙習慣はニコチン依存症(ND)です

喫煙習慣の本質はニコチン依存症であり、本人の意思だけで禁煙を達成することが難しいことが明らかになっています。 何度か自力で禁煙を試みても、失敗してしまうのは自分の意志の問題だけではないのです。
タバコが様々な病気を引き起こすことはご承知の通りですが、老化や肌荒れ・しみなどにも関係しています。また、いわゆる受動喫煙の周囲の人への影響はあなたが想像しているよりもずっと大きい問題となっています。御家族に妊婦さんや子供さんがいる場合はなおさらでしょう。
禁煙は自分自身のためだけではないのです。


一般歯科

禁煙治療は健康保険が適用できます

2006年4月から国が認可した医療機関での禁煙治療が健康保険の適用になりました。
当クリニックでは健康保険が適応になる以前から禁煙治療(ニコチン依存症治療)を行っており、たくさんの方が禁煙に成功しています。


健康保険適用の対象となる方

1.ブリンクマン指数(喫煙本数×喫煙年数)が200以上

2.タバコ依存度テスト(TDS)が5点以上

設 問 内 容 はい
1点
いいえ
0点
問1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
問2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
問3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
問4. 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
問5. 問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
問6. 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
問7. タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
問8. タバコのために自分に精神的問題(注)が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
問9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
問10. タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

3.本人が直ちに禁煙することを希望していること

4.「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、当該治療を受けることを文書により同意していること


実際の治療の手順

治療期間は3ヶ月間(12週間)で、2週間ごとに受診していただきます。
禁煙補助薬バレニクリン(チャンピックス)の内服による治療を行っており、禁煙成功率が約7割に達しています。
ご希望があればニコチンパッチによる方法も可能です。

一般歯科

小児科のご案内

気管支炎や胃腸炎などの急性疾患、気管支喘息などの呼吸器疾患、アレルギー疾患全般を中心に診療しております。また、各種の予防接種にも対応しております。

一般歯科

一般歯科

予防接種について

公費負担がある予防接種と自費による予防接種を行っています。
ワクチンの在庫がない場合もございますので、あらかじめ電話でご確認下さい。

一般歯科

公費負担による予防接種の種類と接種時期

◆三種混合ワクチン(DPT)
ジフテリア・百日咳・破傷風の三種類のワクチンをまとめて受けるものです。 生後3ヶ月から受けられます。3週から8週間隔で3回、その12から18ヶ月後に1回、計4回接種します。
◆二種混合ワクチン(DT)
ジフテリア・破傷風の二種類のワクチンをまとめて受けるものです。小学校6年生が対象です。
◆麻疹・風疹(MR)
平成18年4月から麻疹(はしか)・風疹の二種類のワクチンを同時に接種できるようになりました。 1期(1歳以上2歳未満)と2期(小学校入学前1年間)の2回接種します。 平成20年度から3期(中学校1年生)と4期(18歳になる年度)の接種が5年間の予定で行われています。
◆BCG
結核のワクチンです。生後6ヶ月までに接種します。医学的理由から6ヶ月までに接種できない場合は、 1歳になるまでに定期対象外BCG接種(任意接種)を行います。

予防接種は体温が37度6分以上あったら受けられません

予防接種は37.6度以上の熱があると受けられません。体の動きが激しい時や、食後1時間以内には、0.2~0.3度程度の体温上昇がみられることがありますので、体温測定の際には注意してください。


自費予防接種

  • ●インフルエンザワクチン(市町村により一部に公費負担あり)
  • ●水痘(水ぼうそう)ワクチン
  • ●流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)ワクチン
  • ●B型肝炎ワクチン
  • ●肺炎球菌ワクチン
このページの上部へ